hibiroku

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm: --

TOPへ

7月。  

今日から7月ですね。
2014年の半分が終わってしまった~。

(今日はいつもと異なる趣向でおおくりします)



1


これは先月、「T~!」と燃えた、東京ドームコンサートでの戦利品です。


ものすごい爆発音と共に、シャーと落ちてきたこのテープを
必死の形相でつかみとり、バッグにしまいこみ、
何事もなかったように次の曲を聴く、
という私には初めての体験だったけど、なんだか楽しかったです。

そもそも何かに熱くなれない、なれても長続きしない私(達姉妹)に
姉の友達がDVDを持参で遊びにきたことがきっかけで
低温度な感じでファンになったのです。



チケットは譲ってもらい前から8列目。
もう目も合う距離です。(思い込みでよい)
歌を聴きながらも、「この距離を、日常でたとえるとどの位なのか」
を考えていました。(「うちのダイニングから~隣の家の窓くらい?」とか)

昨年のドームでは えのきみたいにしか見えなかったけど
今年はこれで2014年の運を使ってしまった?
すると今度はフリスビーを投げ始めたふたり。
なんと私めがけてとんできたのです。(と思っている)

「わたしの為にとばしてくれたフリスビー」はすぐ後ろの人の手に渡りました。
一応見せて貰って、おめでとうなどと言っていると
そんな私達をめがけて2枚目がまたもや飛んできました。「今度はとれる!」 

身長が160cmだったら、あと少しあったら。
私の指上3cmを飛行してまたもや後ろの人に。
(友人同志2人でフリスビー1枚ずつお土産という奇跡)


・ ・ ・

この2014年の戦利品を、先日息子が自分の本棚にかくしていました。

私に叱られたので「なにかお母さんが困ることを」と考えたのでしょう。
以前も書きましたが、もらった手紙、はたまたラップの芯とか、石ころとか
息子はなんでもここにしまうのです。


hon.jpg

かたづけても、隙間に押し込む術を知った息子。


hon (3)

大事なものらしい。



子供はテープが何なのかは知らされていないし
母が必死な形相でつかんだものともしらず。
ただ、私が大切にしていたのは見抜かれていたらしい。



2

目につかぬよう、ここに。
2つある万歩計はスルーでお願いします。




2014後半。 後半の運は別にあるはず☆と信じてまいります。






category: 日々のこと

cm: --

TOPへ

トラックバック

トラックバックURL
→http://puramairikko.blog.fc2.com/tb.php/805-bd446cce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。