hibiroku

オモチャ収納と処分どき。  


これまでの変遷と、最近のこども部屋の様子です。



2011.12月
00.jpg

2012.6月
22_20130221091520.jpg

現在

DSCF0988-2.jpg

新しい無印パイン材収納にかわりました。




DSCF0994.jpg

どちらも色を塗り直しました。



DSCF0993.jpg

幅がぴったり、みる度ニヤニヤできるプラレール収納。
私が12年間学校で使った机の内引出し。



e_20130223093021.jpg

カーテンに初めて柄物を。レースカーテンとしてつかってます。



DSCF0989.jpg

いつかの廃番に備え、棚板も追加で2枚購入済。




棚板と収納との隙間がないほうがスッキリするけど
オモチャ収納の使い心地としては、隙間があった方が便利。
上から中身を見られるし、引っ張り出さなくてもポンポン投げ入れられます。


3才頃までは、オモチャのブームが一目瞭然だったので、本人がいない時に処分してました。
でも4才頃からは、随分前に処分したものを思い出して、どこにあるのか尋ねてくるように。

なので、見えない所に数か月隠して^^; 忘れているようなら処分したりさしあげたり。
今は話しあって決めることも出来るようになりました。


息子をみていて思うのは、車や電車、ブロックなど
「手を使って想像しながら遊べるようなオモチャ」には飽きず
遊び方が限定されているようなオモチャ



R7_20130221103812.jpg

には飽きるのが早いような気がします。



「どこまも増えるのかな」「定期的に処分にしなくちゃ!」と思っていたけど、
中学生ママの「今だけよ~ そのうち遊ばなくなるから。」の話に納得。

最近は、無理に減らさなくてもいいと思ってます。
たっぷり遊んでください


category: 整理・収納

cm: --

TOPへ

トラックバック

トラックバックURL
→http://puramairikko.blog.fc2.com/tb.php/398-8d64d223
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)