hibiroku

リビングのPH5 plus  



家づくり計画が始まってから、建築士さんに希望のイメージをうまく伝えられなくて
それまで以上に、図書館や本屋に足を運びました。


実際の照明も確認したくて、ヤマギワのショールームへいきました。
実際に見てみて、照明は部屋のイメージを左右する大事なものだと実感。

意外と暗い、明るすぎる、写真とは雰囲気が違う、なんてこともわかりました。



AANTI.jpg

華やか。隙間からもれる灯りが上品でした。


snowball_20120208100652.jpg

少し離れた所から、灯りがついている姿を見たらため息が。。
華やかなのに落ち着いた印象で。

どちらも写真からは想像出来ない程の美しい灯り。
そしてどちらも残念ながら予算外の素敵値段でした。




選んだのはPH5 PLUS のホワイト。


DSCF9015.jpg

点灯時の陰影。



和や李朝の家具が好きなので、今後、和洋どちらのインテリアになっても
合うランプを探していました。
(引き戸を室内に多くとりいれたのもその理由です)
今後インテリアの趣味が変わっても、対応してくれそう。

1度とりつけたら替えることはないつもりで選びました。
モダン過ぎず、かわい過ぎない照明を、と思って。



1 (2)



DSCF9014.jpg


奥はレッド。覗き込むこんでもあまり見えない部分で気になりません。
淡いパープルが綺麗。





1202080001_20120208120151.jpg


照明到着時にまだリビングテーブルが無かったので、コードカット出来ずくねくね。
何だか味があっていいかも、とそのままに。



今では見る度に、選んでヨカッタと思います。
雑誌やWEBだけでなく、実際に点灯している姿をご覧になってから選ばれる事をおすすめします。



 















category: インテリア・雑貨

tag: 北欧雑貨・器  インテリア 

TOPへ

コメント

中年なのにごめんなさいって…(笑)
この美しい4分の1のRIKKOさんのどこが中年なんですか~
若~い!

息子ちゃんの、バッグをかけた腕そして手のひらをピタッと胸に…かわいいモデルさんですね^^

URL | 杏 #yl2HcnkM
2012/10/27 12:17 | edit

杏さんへ

フフフ
決して若くないんですヨ。
ではそれはおそらく「写真1/4の罠」というか、「ブログの罠」というか・・ ^o^

息子のモデル風写真、いろいろポーズさせてみました。
幼児体型で笑えます、、

URL | RIKKO+ #-
2012/10/27 18:55 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://puramairikko.blog.fc2.com/tb.php/320-9add9d24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)