hibiroku

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm: --

TOPへ

カイルア&ラニカイビーチ  

カイルアは、全米ナンバーワンビーチにも選ばれた美しいビーチのある街。
オアフ島の東にあります。

オプショナルツアーでワイキキからワゴンで移動。

解散・集合場所は街の中央で、ビーチへ行きたい人は、
そこから各々自転車をレンタルしてビーチへ向かうわけですが、
迂闊にもターゲットやWhole Foods を先に見てしまった~
カハラモールにはいく予定がなかったので、Whole Foodsはここで行っておきたかったし
ターゲットは子供のお友達のお土産選びに楽しくて、時間を使ってしまった。。


子供の身長では自転車をレンタルできないと判ったのは海に向かう時になって。
(左右ブレーキのない自転車のため)
※ブレーキのある自転車も、違うお店では用意されているらしいです
子供の足だと30分かかるようで、集合時間まで落ち着いた滞在・・とはいきません。



海が無理なら、食べるしかない。ということで
この街で人気なのは、「ブーツ&キモズ」のパンケーキと「Teddy's Bigger Burgers」のハンバーガーでしょうか♡

車で一緒だった日本の方の半分以上はこのパンケーキ屋さんに直行されていました。
お店の外で順番待ちの紙を持って待っている人は、ほとんど日本の方のよう。
たぶん見た目ほど甘すぎないんだと思いますが
年を重ねることに甘党でなくなってしまった私は、このお店はパス。


となると、ハンバーガー。
日ごろお肉に思い入れ、こだわりのない私ですが、ここで食べたハンバーガーが、
このハワイタビの中で一番、美味しかったです。
日本で本格的なハンバーガー屋さんには行ったことがなかったからか
お肉だけでなく、野菜も、そして何よりパンが美味しい。

DSCF0144.jpg

半分に切ってもらってます。写真だとコンパクトにみえますが、結構大きいです。

このお店、ワイキキにもありホテルの近くだったので行ってみるとすごい行列。
でもカイルア店の方がおいしかったです(ごめんなさい)




DSCF0546.jpg

旅行前から楽しみにしていたラニカイビーチに行けないなんて~


・・・

と後日、今度はバスで再訪。

ワイキキから1時間かかりませんが、うっかり日曜に再訪してしまったことが残念。(また失敗)
なぜなら日曜は、ラニカイビーチ方面のバスは1時間に1本程度だったこと・・忘れてました。
50分ほど待ってバスに乗り、ローカルなバスにも日本の方が何組もいて
バスの中、前方の壁にバス停の地図があることに気づいた方が手渡してくれました^^

(ビーチにいくか、パンケーキのお店などにいくかによって
降りる駅は1,2駅異なりますが、間違えたとしても歩ける距離です)


DSC_0530.jpg

ビーチ近くになっても、アナウンスもないので、運転手さんに聞くのが安心です。
結局、日本の方数名と「この辺かしら?」という感じで降りました。


DSC_0531.jpg

バス停は民家に囲まれていて、海も見えず、民家と民家の通れる所を探して、海にたどり着きました。



DSC_0543.jpg

人も少なく、海は綺麗。静かなビーチ。
到着1時間くらいは晴れ~曇でしたが、そのあと雨。


DSC_0550.jpg

DSC_0555.jpg

DSC_0556.jpg

DSC_0562.jpg


ハワイでNO.1のビーチに選ばれたことがあるだけあります。
いや、ここに限らず、きっとどこの海も美しいはず。いろいろなビーチへ行ってみたくなりました。



急な雨で、1時間程度でしたが、ワイキキに戻ることに。

DSC_0572.jpg

バス停へ向かうと、なんと不運なことに、バスが目の前を横切りました!!
(もう一度書きます。日曜は1時間に1本。)

1時間待つか、40分かけて雨にぬれながら歩くか・・
息子がいるので次のバスを待つことに決め、5分程歩いたもののバス停へ戻りました。

バス停前に水たまりがあって、車が通るたび、マンガみたいに『バッシャーン』としぶきが。
スピードを落としてくれる車もあれば、その逆もあり(しかも車内で笑ってる模様)。
「親切~。」「親切じゃない~。」と繰り返しながら時間を潰しました(暇)。

と1台、スピードを落とした車が。
「親切~。」と言っていると、車から女性が下りてきて私たちに傘を。
もうすぐバスはくるから大丈夫ですと伝えるも、その子が濡れちゃうからと。

その傘が非常にbig sizeで、「これは日よけのパラソルか何か?」とも思ったんですけど
心が一気に温まりました。


長くなりましたが、不運なカイルア、ラニカイの記録でした。
もし次行くことがあれば、天気の良い日にいきたい!!(そして平日に)


スポンサーサイト

category:

cm: --

TOPへ

ノースショア・ハレイワへ ~ハワイタビ  

「タンタラス夜景つきよくばりツアー」なるもの。
午後発の、のんびり半日観光。
日本人のドライバーさんが運転するワゴンが(ホテル前or指定された場所に)迎えに来てくれます。

・日立のこの木何の木(モアルナガーデン)
・Doleプランテーション
・ハレイワ
・タンタラスの丘(夜景)
の順に観光しました。

・・・

まずは日立のCMの木を見に行きました。

DSC_0239.jpg

「この木なんの木」の下から眺めた景色。

すると、1本だけでなく、たくさん同じような木が・・。
「その木なんの木」やら「あの木なんの木」やらが沢山、ということです。

このお庭、私有地なんだそうです。




DSC_0237.jpg

「♪この木なんの木気になる気になる木~」
と息子(9歳)に歌っても、CMも歌も知りませんでした (゚∀゚ ハッ

ということで、木よりも、下ばかり見ている!


DSC_0236.jpg

と思ったら、オタマジャクシ救出作戦に出ていました。
(干上がったところにいるオタマジャクシを、水の中へいれるという作業)


DSC_0246.jpg

これ、ハイビスカスなんですって♪ 駐車場の片隅に咲いていました。

(滞在時間10分程度)


・・・

20年前にも来たDoleへ。

1_201609212022041b6.jpg

この写真を撮るとき、思い出したんですよね。
恐ろしい記憶を・・・。

当時、私を含め5人で来たんですが、DとOとLとEのそれぞれのところに
一人ひとりが入って座り、写真を撮った記憶!!(((;゚Д゚)))))

今回改めて見たら、とてもじゃないけど、そんな撮影スポットじゃなかった!
(でも同じことをする人がたまにいるのか、植木が踏み倒されているのを確認。)

若いって罪です。


DSCF0266.jpg

ここでは、お決まりのパイナップルソフトを。美味しかった🎵


隣接のお土産屋さんで、パイナップルの iPhoneカバーが色々あって、とってもかわいかったので
すごく、すごく迷ったんですよね。^^

でも・・・私、iPhoneじゃなくなったんでした。
後ろ髪ひかれる思いで・・

DSCF0524.jpg

気づくとこの袋を手にしていました。

なんかかわいい。ふだんこういう袋は使ったことがなかったのですが、スーパー行くときにでも使おう♪と思って
どこかにしまってあります。

(滞在時間 約30分)

・・・

ハレイワの街へ。オアフ島の北にある、海の街。

ワイキキからいろいろ寄りながらも車であっというまでした。
直接だったら1時間かからないかもしれません。

DSC_0356.jpg


DSC_0349.jpg


この街は美味しいお店がいくつかあるということで、
調べていた有名なガーリックシュリンプのお店まで延々と10分歩いていったのに、
あと3分というところで閉店。沈
「また来ればいいわ。」と言えないだけに、無言で歩いて戻りました。
スーパーで夕食を調達・・。


でも、ガイドの方のお知り合いのお店のガーリックシュリンプもお願いしていたので♡

DSCF0273_201609212022067b2.jpg

買ってきていただいて、海辺でいただきました。
お店の名前を忘れましたが、バター&ガーリック。美味しかったです~




ここでの一番の目的は、ウミガメを見ること。
そばにいるのは分かっているんですが、なかなか姿を現さず。

DSC_0260.jpg

いた!


DSC_0266.jpg

いた!!

DSC_0287.jpg

こんなに人が多いので、あがりたくても、あがってこれないんだそう。
7月末でしたが、もうちょっと前だと人も少なくて、海辺にあがった姿を見られるようです。


DSC_0314.jpg


この後、ワイキキに戻りがてら、タンタラスの丘に行き、そこからワイキキの夜景を見ました。
残念ながら写真はうまく取れませんでしたが、ここで見た星空がとてもきれいでした☆

さそり座が全部見えたんですよ(* ´ ▽ ` *)

日本に戻って空でさそり座を確認したら、天気がよかったけれど
3つしか星を見つけられませんでした。
夜景もキレイですが、星空もキレイでした。



DSC_0396.jpg



DSC_0361.jpg



DSC_0369.jpg


また訪れたい。

そして今度こそ、ガーリックシュリンプを。






category:

cm: --

TOPへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。