hibiroku

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm: --

TOPへ

オモチャ収納と処分どき。  


これまでの変遷と、最近のこども部屋の様子です。



2011.12月
00.jpg

2012.6月
22_20130221091520.jpg

現在

DSCF0988-2.jpg

新しい無印パイン材収納にかわりました。




DSCF0994.jpg

どちらも色を塗り直しました。



DSCF0993.jpg

幅がぴったり、みる度ニヤニヤできるプラレール収納。
私が12年間学校で使った机の内引出し。



e_20130223093021.jpg

カーテンに初めて柄物を。レースカーテンとしてつかってます。



DSCF0989.jpg

いつかの廃番に備え、棚板も追加で2枚購入済。




棚板と収納との隙間がないほうがスッキリするけど
オモチャ収納の使い心地としては、隙間があった方が便利。
上から中身を見られるし、引っ張り出さなくてもポンポン投げ入れられます。


3才頃までは、オモチャのブームが一目瞭然だったので、本人がいない時に処分してました。
でも4才頃からは、随分前に処分したものを思い出して、どこにあるのか尋ねてくるように。

なので、見えない所に数か月隠して^^; 忘れているようなら処分したりさしあげたり。
今は話しあって決めることも出来るようになりました。


息子をみていて思うのは、車や電車、ブロックなど
「手を使って想像しながら遊べるようなオモチャ」には飽きず
遊び方が限定されているようなオモチャ



R7_20130221103812.jpg

には飽きるのが早いような気がします。



「どこまも増えるのかな」「定期的に処分にしなくちゃ!」と思っていたけど、
中学生ママの「今だけよ~ そのうち遊ばなくなるから。」の話に納得。

最近は、無理に減らさなくてもいいと思ってます。
たっぷり遊んでください


スポンサーサイト

category: 整理・収納

cm: --

TOPへ

雨水におひなさま  


DSCF0978-2.jpg


地方にもよるそうですが、雨水(うすい)の日におひなさまを飾ると
よいご縁に巡りあえるそうですね。

雨水の日は 2/18頃で、春一番が吹く頃なんだとか。




男の子しかいませんが、大きな女子が1人おりますもので、
玄関に伊予びなを飾りました。
昨年母が松山で買ってきてくれたもので、私は赤、姉は若草色。
どちらも優しい和の色です。




DSCF0962.jpg

手作りの「しだれ雛」。銀座三越で購入しました。



DSCF0976-2.jpg

頭の重さでついに倒れてしまったヒヤシンス、ぼんぼりにみたてたつもり。
花瓶は陶芸家クリス・クラークさんの作品です。




+++



おひなさまの折り紙をおそわってきた息子。

親が折れないものを折る息子をみると、いろいろ教わっているんだなと
ありがたく思います。単純
迎えにいった時も、折り紙に夢中で、おかえりなさいと言って貰えず。 言って

DSCF0979.jpg
黄色いのは屏風らしい





自分は幼稚園だったので、最初は保育園での様子に驚きました。

最低限のお世話が主なのかと思ってましたが
小さな時から身の周りのことを自分で出来るよう、
お世話をしてくれるんですね、年齢にあわせ無理のないことを。
連絡ノートで毎日、細やかな報告もしてくれます。


  ・ 帰宅後、自らうがいや手洗い
  ・ 脱いだものを畳む
  ・ 持ち帰った洗濯ものは自分で洗濯かごへ
  ・ 食後、椅子をしまい、テーブルを拭く
 

生活習慣は難なく身についてきたと思います。
私が子供の頃は、年長になっても着替えを手伝って貰っていたような気がしないでもない。。


そうそう、これは家では要らないでしょうと思うのが
「おかわりくださ~い」と「トイレいってきまーす」と都度報告すること(^_^:



DSCF0958-2 (2)







category: Else

tag: インテリア 

TOPへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。