hibiroku

ガスとIH。  



DSCF8097.jpg
リンナイDELICIA



ガスショールームへ行くと、以前とは大違い。
見た目も美しく、くぼみもなく掃除がしやすそうで、結局使い慣れたガスを選びました。
IHは掃除がしやすそうだし見た目もスッキリしてるし、次はIHと思ってたのに。
(IHも色々よかったです)



DSCF8104_20120830091937.jpg

ガスで1点だけ気になったのがココの掃除。
何て言うんでしょう、排気筒?
ショールームで「中は掃除しないでください」と言われましたが、お米やその他 入りますよね。


その後もガス会社の取付けの人に聞いても「掃除しなくていいです」と。でも
「気になるなら・・アルミホイルを巻いてグリルを使う時は外せばいいと思います。」


へっ(*゚▽゚) なんて素敵アイデア。
グリルの使用時だけアルミホイルを巻いたこの部分ごと外せばいいんですって。





DSCF8108.jpg

ということで、ちょっぴり何かの化石風なものが見えたので取り除いて。


DSCF8109.jpg

ギンギラギンにさりげないかと。(見た目は気にしないでいきたいと思います)






ガスMEMO

・バーナーヘッド・五徳は、別売りされてるので、経年で黒ずみが気になる方も買替え可能です

 ステンレス色、ブラックとありますが、
 ステンレス色は経年で茶色、ブラックは赤みを帯びた黒になります。
 どちらも色は変化するそうですが、お掃除しだいで綺麗を保てます。
 気になる方は、料理教室もあるショールームへいくと、
 経年でどの程度色が変わるか、見せてくれますよ~


・震度3程度で火が消えます。(機種による)

 地震に気付かずにいて、「ご飯たべよ」と思ったら炊けてなかったことがありました。


・「湯沸かし機能」は、うっかり忘れやすい方(私)の強い見方です。

 お湯が沸いたら音で知らせてくれ、自動消火する機能です。


・「揚げもの温度調節機能」は、揚げる素材に応じて、お好みの温度に設定。

 温度が低くなると大に、設定温度になると小に、自動で設定温度をキープする機能です。


※秋くらいにセールをやることが多いようです。
 新しい機種にこだわらない方はお得に買替えが出来るかと思います。

リンナイのまわし者ではありません。



category: Kitchen

TOPへ

アルバム写真の収納  



この夏の私の課題、写真の収納し直し。
既に紙ベースになっているものだけはアルバムの形にすることに。
バラバラのアルバムサイズが気になって、いつか揃えたいと思ってました。
きちんとまとめて、ゆっくり眺められたらいいなと思って。



0歳~結婚前の自分だけの写真、計1000枚程
------------------------------------
 子供の頃のアルバム(BIG)   2冊
 ホームステイのアルバム(BIG) 1冊
 海外旅行のアルバム(無印)   3冊
 箱やジッパー袋に入った写真   多数
 差込式アルバムに入れていた写真 3冊
------------------------------------



一度は、大好きな無印のアルバムに揃えてみようと試みたものの
販売中止や型チェンジが意外と多くて・・ ココロが折れました(ノ_-。) そこで、




ナカバヤシ フエルアルバム

ビスで簡単に台紙を増減出来、何年経っても台紙は別売してるので安心。大きさはA4サイズに。
重いアルバムはしまったが最後、手に取る機会がなくなりそうで。




DSCF7848.jpg


台紙からはがし、残すものを厳選します。ここで
<似たアングルの写真><目をつぶっている写真><好きじゃない写真>は破棄。

A4に収まるよう要らない部分をカットすると、
ビッグサイズアルバムの時とかわりない枚数を1枚に貼れました。

まずハサミでカットし、写真の山をつくり、山が増えたらまとめて貼る。
1日で出来ないのでバラバラにならないよう輪ゴムでまとめ、
終わるまでリビングの片隅に置いていました。
しまったら年月が経過しそうで~



本当に時間がかかる作業! でもこの時間こそアルバムづくりの楽しさ。
少しずつ時間を見つけては、昔の写真を手にとりました。



DSCF8014.jpg

手に取りやすいA4サイズ、計5冊にまとめられたことが嬉しいです。



DSCF80162.jpg

複数枚、焼き増しされてたものは、捨てずに非常持出袋に入れておく事に。


DSCF78492.jpg

ちなみに私(ピンクマスク)が座っている椅子は、

DSCF5799_20120907180115.jpg

現在も寝室で使っています^^





写真収納、さまざまなカタチがあると思います。
家族が手に取って想い出をふりかえり易いカタチが見つけられるといいですよね。
さて、子供の写真はPCとCDの中に収まっていますが、
3歳位までは毎日撮っていたから大量!どうしましょう~








category: 日々のこと

TOPへ